生命保険に入る

生命保険は自分に何かあった場合に、家族にお金を残すために入ります。死亡保険という言い方もありますが、なんとなくイメージが悪いので、生命保険と呼ぶのが一般的です。

生命保険に加入していれば、自分が死亡した時に保険金が下りるので、残された家族の生活を支える事ができます。生命保険にもいろいろなプランがありますが、死亡した時に受け取る金額によって、月々の保険料は変わってきます。

しかし月々の保険料を合計しても、それより多い保険金を受け取れるのはどうしてなのでしょうか。これは生命保険の仕組みに答えが隠されています。生命保険は大勢の人が加入しており、その人たちが月々保険料を支払っています。見方を変えると、大勢が少しずつ保険料を負担して、誰かが亡くなった時に、皆が支払った保険料から給付金が支払われるという相互扶助なのです。

 

生命保険というと、死亡しないと保険金が支給されないイメージですが、プランを選ぶ事で、病気やケガで働けなくなった時にも、まとまったお金が受け取れるものがあります。保険金というのは、被保険者が死亡または高度障害状態となった時に、受取人に支払われるものです。給付金というのは、被保険者が入院や手術をした時に、保険会社から受取人に支払われるお金の事です。これはプランによって変わりますので、加入する時は、自分と家族に必要なプランを見極める事が大切です。

生命保険は一度加入したら終わりではなく、見直しをする事もできます。

カレンダー

2017年6月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

検索